ハローワークのイメージ

お役立ちNavi

転職活動で役立つコツについて解説しています。

深夜のコンビニバイトでの出来事

もう30年近く前のことになります。当時大学生だった私はコンビニエンスストアでアルバイトを始めました。
近くに他のコンビニがあまり無い場所だったので比較的利用者が多い店だったと思いますが、今のような複数体制ではなく1人で店内の仕事を行っていました。
ある日夜間の時間帯に入っていると酔っぱらいのお客が入って来ました。初めはフラフラと店内を歩き回っていたのですが雑誌のコーナーで立ち止まり立ち読みを始めました。
嫌な予感がするなぁ、と思って何気に見ていると、なんと読み終わった本を床に放り投げたのです。
するとそこから他の陳列してあった本も次々と放り始めました。
他にお客もいなかったのでレジから出て「止めてください」と静止に行きました。すると「うるせぇ!」と顔面にパンチ1発!
酔いのせいもあったのでさほどきつくはありませんでしたが、それでも若かった私は一気に頭に血が上り拳を握りしめました。
しかし、いくら酔っぱらいでもお客です。アルバイト店員の分際でケンカするわけにはいきません。
怒りを抑えながら「帰れ!」と言うのが精一杯でした。その客はそのまま店から出て行きました。
いくらアルバイトとはいえ、こんな夜中に仕事して何で殴られなきゃいけないのか。他のスタッフもおらずその後はずっと1人でムカムカしながら仕事をしていました。
それから30分ほどした後、走って店内に入って来るお客が見えました。なんとさっきの酔っぱらいです。
「おいおい、まだ何かする気か?」と身構えると「さっきは悪かった。これで勘弁してくれ」とカウンターに1000円札を置いて去って行きました。
「俺の殴られ賃て1000円なの?」よく分かりませんが、余計にハラがたって来ました。
今でもその系列のコンビニに立ち寄ると時々思い出す嫌な思い出です。


時給600円の居酒屋のアルバイト

© ハローワークを活用した転職活動体験記. All rights reserved.